愛するペットの供養をしよう~供養するYO!~

ペットの供養

pet

愛するペットが亡くなった場合には、しっかりとした供養を行っていきましょう。人間と同じようにペットを供養していくことは当たり前のことです。葬儀社でペット供養を行ないましょう。

Read More

大切なペットの供養

pet

家族同然で共にくらしてきたペットとも、いつかは別れが訪れます。ペットを飼っている人はそういった現実を受け止めて、ペットのためにきちんと供養を行なう様にしていきましょう。

Read More

ペットのために

ペット供養のありかた

dog

最近、人とペットとの生活は、ごく密接したものになってきており、ペットを飼う世帯も増えつつあります。 可愛がっていたペットの死というものは、とても悲しいことですが、人間よりも寿命が短い動物にとって、別れという日はいつかやってきます。 ペットも家族の一員という認識が強い現在、人間と一生のように火葬する人が多いでしょう。 火葬した後の、ペット供養は、実は法律できちんと決まっていないため、さまざまな方法がとられています。 ペット霊園でペットのお墓に埋葬したり、納骨堂に納骨することもしばしば見受けられますが、自宅に持って帰り 自宅で納骨することが多いように感じられます。中には、思い出の場所に行き散 骨する人もいます。

供養の方法と変化を見ていく

多いとされる家でのペット供養の方法は、ペットの祭壇を作り、思い出の品と写真たてに入れたペットの写真と一緒に飾られることが多いです。 また、お庭に木を植え、その隣に骨を埋めてペットが眠っている木として、大切に育てる人もいます。 また、最近の新しいペット供養の方法もあります。 ペットの骨を、ペンダントに埋め込み、肌身離さず持ち歩く方法です。 これは、ペットロスに陥った人の、立ち直りを助けてくれるよい方法かもしれません。 新しい形で、ペット供養が行われている今、やはり、ずっと家に置いておくのは可愛そうだと、ペット霊園へ埋葬したり納骨堂へ納骨する人も増えているようです。 これからの、供養のありかたや法律の改正も考えていかなければならない課題です。

ペット供養の活用

dog

以前は自分のペットがなくなった場合には自宅の庭や河川敷に埋めるといった人が多かったのですが現在ではそういったことは全くなくなっています。ペットに向けられた供養が行われているからです。

Read More